今日の午後、夫が病院で胃カメラを飲むので、付き添いに行ってきました。

夫はここ1年ほど、逆流性食道炎にかかり、GP(かかりつけ医)に診てもらっていたのですが、よくならないので、胃や喉の状態を確認するべく、病院での検査にまわされた、という訳です(GPによる診察は、基本的に問診だけです)。

夫は割と神経が細かく、ストレスで逆流性食道炎になった様子。以前には、仕事のストレスで「まぶたピクピク」が一年ほど続いたり、電車通勤のストレス(電車遅延がひどい)で不安神経症になったこともありました。

夫が「神経が細かい」に対して、私は「神経が太く」できているようで、この種のストレス病には無縁です。夫婦って、色んなところでバランスが取れているのかも知れません

イギリスの病院は、地域の総合病院なので、とても規模が大きいです。こういう棟がいくつも連なっています。
1214874_095881c8
あちこちに中庭があり、ベンチが置かれています。30分ほど早めに病院に着いたので、ベンチで一休み。やはりイギリス、中庭にこんなオーナメントが置かれていました。
IMG_2120
胃カメラ検査専用の受付で、手続きをしたときのこと。2ページほどの用紙を渡され、いろいろ記入したのですが、「付き添い人の携帯電話番号」を記入する欄がありました。

実は私、スマホは「帰るコール」と「時計代わり」にしか使っていないので、自分のスマホの電話番号を覚えていないんですね。しかし、係の人いわく、「付き添い人の携帯電話番号」なしでは、検査できないとのこと。困りました。
IMG_2124
係の人が、「じゃあ自分(係の人)のスマホに電話したら、番号が分かるよね」と、私のスマホから「係の人」のスマホに電話したのですが、なぜか電話が繋がらない。。。

何度か電話したのですが、私のスマホの設定のせいか、電話が繋がりませんでした。検査の時間が迫ってきて、焦ります。。。そのうち、スマホの電池レベルがかなり低くなり。。。

しょうがないので、もしも何かあったらすぐに連絡できるように、私はその場で待つことに。胃カメラ検査は時間がかかるので、もともとは、休憩所でコーヒーでも飲みながら、待とうと思っていたのに。。。

時間つぶしに本を持って行きました。最近は、スマホで読む人のほうが多いのでしょうか
IMG_2126
それにしても、今の時代、回線環境と電池がないと、ほんとうに困りますよね。。。
そして、スマホ番号を覚える自信がない私。次回何かあったときに困らないように、家に帰ってきてから、スマホに登録してある「連絡先」に、私自身のスマホ番号も追加しました

ちなみに、夫の胃カメラ検査ですが、胃に小さなヘルニアが見つかったものの、胃も喉も特に異常はなかったそうです。1年ほど症状が続いていたので、これにはちょっとホッとしました。

ランキングに参加しています。もしよろしければ、クリックしていただけると、とても励みになります。
にほんブログ村

ロンドンランキング