ここイングランド南部では、6月中旬に最高気温が30度に達し、いっとき、真夏の暑さになりました。

日ごろはオーブン料理の多い我が家。
でも、暑い日にオーブンを使うと、キッチンが灼熱状態になります。。。しばらくオーブン料理を控えていたのですが、ここ数日、最高気温は20度程度と涼し目なので、ここぞとばかりに、昨日の夕食は久々にオーブン料理をしました。

イギリスは、フルーツを使った料理が多いです。我が家の定番レシピでも、マンゴーを使うレシピや、洋梨を使うレシピ、リンゴ、オレンジなどを使うレシピもあります。

これは、リンゴ、パースニップ(白にんじん)、豚肉のオーブン料理です。
リンゴ
昨晩のレシピでは、ブドウを使用。昨年秋に、雑誌で見つけたレシピなのですが、ブドウの酸味がほどよくて、食が進みます。以来、リピートしています。

材料は、ブドウ、赤玉ねぎ、ガーリック、チキン、タイム、ハチミツ、赤ワイン。これを混ぜて、1時間オーブンでローストするだけと、超簡単です。これぞ、オーブン料理の便利なところかも。

いつもは、夕食後にガーデニングをしているのですが、オーブンで1時間料理している間に、ガーデニングもできてしまいます。

ちなみに、このブドウ、チリ産でした。生で食べてみたら、甘み控えめで淡泊でした。
IMG_4229 (2)
赤ワインとブドウ、ハチミツが濃縮され、コッテリながらも、フルーツの酸味がよく効いた味わいです。
IMG_4237 - コピー (2)
デザートは、庭の桜の木で獲れたチェリーで、夫がチェリータルトを作りました。
IMG_3998
庭の桜の木は、実がなる季節には鳥たちに大人気で、赤くなってきたらササッと収穫しないと、すぐに鳥に取られてしまいます。毎年、人間が食べるよりも、鳥たちが食べている量のほうが、ずっと多いかも知れません。
IMG_3990
生まれてこのかた(?)ずっと、「料理は気分転換」とか「頭の体操」と思って、楽しむようにしてきたのですが、ここ2年ほどは、年齢のせいか、「面倒だな~」「作りたくないな~」と思う日も多くなってきました。

実際、週日は黙々と夕食を食べているので、食べている時間よりも、料理している時間の方が長いんですね。

オーブン料理で楽をしたり、フルーツなどの変わった食材を楽しむなどして、この「めんどくささ」を乗り越えていきたいです。

にほんブログ村

ロンドンランキング